ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
乳がん PEARLS (ちょっとした大事な情報)


日本は乳がん検診の受診率が先進国では最も低いのです。

50~69歳で1年間にマンモグラフィ(乳房のエックス線撮影)検診

を受けたのは、日本は4.1%です(2007/7)


「がんサバイバー」とは、がんと共に生き、がんを克服し、

またがんを超えて生き続ける、
がんと診断されたすべての人を

意味する
言葉です。この言葉には、がんの進行度などを超えて、

がんと診断されたときから人生の最後まで、

がん生存者でありつづけるという意味が込められています



乳がんの85%近くがサバイバーになります



多くの女性が乳がんと診断された後の方が、

診断される前よりも満たされていると報告しています。


乳がんと診断された女性のうち70%には、

乳がんになる明らかなリスクがありません。

予防のためにできる一番のことは、乳がんだけではありませんが、

定期的に運動することです。



乳がんと診断されたおおよそ12%の女性には、家族歴があります。



乳がんは全身病です。化学療法を先に行ったあとで手術を行い、

その後に別の補助療法を行うことを、ネオアジュバント療法

Neoadjvant Therapy)と呼びます。

手術前にがんの大きさや拡がりを小さくして、

乳房温存療法が行えるようにするためや、

顕微鏡レベルで全身に残っているがん細胞を抑える目的で行われます。


あなたの治療を行う施設、医師を決めた後は、

まず質問リストを作っておきましょう。

「生きるための乳がん」にはそのための乳がん手帳がついています。




細胞診の結果は正常あるいは良性(normal or benign

鑑別困難(indeterminate、悪性の疑い(suspicious of malignancy

悪性(malignant)の4つに分類されます。


組織診で採取した細胞を顕微鏡で観察して、

がん細胞の正常細胞からの隔たり度合い(核や細胞の構造など)により

グループ分けします。このグループ分けを一般的に
「グレード」といい、

「細胞異型度」ともいわれます。


グレードは、転移や再発の可能性を予測したり、

手術後の治療方法を検討するのに重要です。


グレードは、
次の3段階に分類されます


グレード1: ゆっくりな成長、「高分化した細胞」

グレード2: 平均的な成長、「中程度に分化した細胞」

グレード3: 速い成長、「未分化細胞」



乳がんのステージ(病期)はがんの進行具合を表します

ステージ(病期)をグレード(細胞異型度)と混乱しないでください。

大変よくある間違いで、ステージとグレードとは全く異なります。
 

ステージは腫瘍の大きさ(Tumor)、リンパ節転移(Node)、

その他の臓器転移(Metastasis)を複合して分類され、

それぞれの頭文字をとってTMN分類ともいわれます。 

ステージは、0期、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、IV期に分類され、

数字が大きいほど進行したがんを表し、生命予後に関わります。



ホルモンレセプター陽性とは、乳がん細胞が女性ホルモン

(エストロゲン、プロゲステロン)により成長を促されることを意味し、

乳がんのホルモンレセプター陽性の患者さんに対して、

治療の一環としてホルモン療法を勧めます。

ホルモン療法は、エストロゲンの産生を抑制したり、

エストロゲンとERの結合を阻止して、がん細胞の増殖を抑えます。

日本人の乳がんの約6070%の患者さんがこのタイプです。


センチネルリンパ節とは簡単に言うと、

がん細胞が最初に必ず到達するリンパ節のことです。


乳腺の領域のリンパ節はわきの下から鎖骨下に拡がっています。
 

乳がんのセンチネルリンパ節は、乳がんからこぼれ落ちたがん細胞が、

最初にたどり着くわきの下のリンパ節と考えられています。

もし癌が乳房からリンパ節に拡がっていれば、

このリンパ節に最初にたどりつくでしょう。

センチネルリンパ節にがん細胞がなければ、

多くの場合、ほかのリンパ節にも転移がないということがわかっています



ハーセプチン(トラスツヅマブ)いう薬があります。

これは細胞増殖に関係する特殊なHER2という遺伝子や蛋白が多い、

進行の早いがんに対して効果を持つ

新しいタイプの分子標的薬とよばれる薬です。

最近日本でも適応範囲が拡大されました。



 脱毛前に髪を短く切りましょう。

最初の化学療法(通常脱毛が起こり始める直前の化学療法)の

10
日後に美容師さんに髪を短く切ってもらいましょう。

髪をあらかじめ短くしておくと、脱毛が起きた際に処理しやすいです。





 TOP Pageにもどる  


ご興味があれば「生きるための乳がん」を、ぜひ購入してくださいね。


フッターイメージ