ヘッダーイメージ 本文へジャンプ


第Ⅲ部 どうする? 補助療法と副作用  147



乳がんは診断された時点で微小であっても

ほかに転移している可能性があります。

転移や再発を防ぐ目的で)抗がん剤を使う化学療法、放射線療法、

ホルモン療法などの治療法(補助療法)を用います。

これは、治療経過に大きく影響する重要な治療法です。


目次です

11章 化学療法と副作用      148
               補助療法       148
               化学療法とは   149
               乳がんは全身病 150
               化学療法には複数の薬を組み合わせる    151
               化学療法の治療スケジュール(回数と期間)      153
               化学療法は手術の前とあと、どちらで行う?      153
               外来での化学療法も可能になっている    155
               あなたが受ける化学療法の奏功率を確認しよう    155
               抗がん剤がよく効いているイメージを描いて化学療法に臨もう     156
               化学療法の実際 157
               <コラム>リザーバー(皮下埋め込み型静脈留置カテーテル)       161
               化学療法による副作用について   163
               化学療法の副作用に合ったスケジュールを立てよう        164
               副作用――吐き気→コントロールできる  164
               副作用――白血球の減少→一時的なもので再び増えてくる  167
               副作用――脱毛→また生えてくる 169
               <コラム>ウィッグ(かつら)選びのポイント      174
               副作用――口内炎→予防を心がけて      177
               副作用――手足のしびれ→神経障害は回復する    177
               副作用――倦怠感→無理をしない 178
               副作用――生殖機能への影響→個人差がかなりある        178
               副作用――静脈炎       179
               抗がん剤の血管外漏出による障害 179
 
        12章 放射線療法と副作用    181
               放射線療法の目的       181
               どんなときに放射線療法が必要か 182
               放射線療法ができない場合       182
               乳がんの放射線療法に経験豊富な放射線医か      183
               放射線療法の実際       184
               照射位置のシミュレーション     185
               放射線療法の費用       187
               副作用――皮膚の変化   187
               副作用――疲労・倦怠感→よく休息する  188
               副作用――食欲不振→栄養をよく摂る    189
               副作用――骨髄抑制(貧血、白血球減少、血小板減少)    189
               <コラム>新しい放射線療法の臨床試験――小線源治療      191
 
        13章 ホルモン療法  192
               ホルモン療法とは       192
               ホルモン受容体が陽性の人はホルモン療法が必要  193
               ホルモン療法の目的と効果       194
               閉経の前後で使用する薬が異なる 194
               閉経と女性ホルモンの変化       195
               閉経前のホルモン療法   196
               閉経後のホルモン療法   198
               乳がんの転移や再発のある人のホルモン療法      200
               ホルモン療法の期間     201
               ホルモン療法の副作用   201
               ホルモン療法の治療費   203
               <コラム>乳がんと妊娠――妊娠中の治療と治療後の妊娠をどう考えるか     205
 
        14章 分子標的療法  210
               分子標的療法の目的     210
               HER2陽性の乳がんは再発の危険性が高くなる  211
               あなたは分子標的療法ハーセプチンという大発見に間に合った     212
               ハーセプチンはHER2陽性乳がんに効果がある  213
               ハーセプチンは抗がん剤と併用して効果を上げている      213
               日本のハーセプチン治療 215
               HER2陽性かどうかを調べる検査      215
               ハーセプチン治療の実際と治療期間      217
               ハーセプチンの副作用は抗がん剤よりも少し軽い  217
               ハーセプチンの副作用   218
               ハーセプチン治療の費用 219
               医師への質問リスト     219
 

第 IV 部に進む

TOP Page に戻る


ご興味があればぜひ購入してくださいね


フッターイメージ