ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

第Ⅰ部 乳がんは克服できる。さあ、始めよう!


乳がんは、いまでは克服できるがんになっています。

克服するためには、知識という力を得ることが重要です。

最善の診断や治療を受けるための病院や医師を捜すポイント、

正しい診断につながる検査方法やその結果の見からなど、

患者さんが知っておくべき重要な情報について学び始めましょう。



目次です

第1章 決断を下す過程  2
               わたしの頭の中は、「乳がん」という言葉でいっぱい      2
               体験前、乳がんはもっとも恐ろしい病気だと思っていた    4
               良い医療は、十分な告知を受けることから始まる  4
               知識は生きる力になる   6
               まずは前向きになって、正しい情報を探しましょう        7
               乳がんの85%以上がサバイバーになる    7
               時はあなたを待ってくれる       8
               乳がんについて最近わかってきた事実    9
               治療方法は一人ひとり異なる     10
               経験豊富な病院を選ぶこと       11
               誰かと一緒に行き、録音やメモをとる    11
               あなたもチームの一員。積極的に参加しよう      12
               あなたの生活や立場を、医師や看護師に知らせる  13
               医療記録のコピーをもらう       14
               希望を持って、がんに立ち向かいましょう        15
 
        2章 最初に医者に何を聞けばいいのか        17
               受診の予約を早く取ろう 17
               最初に何を聞くか       18
               妊娠や出産、遺伝などの微妙な質問      20
               答えのない質問にとらわれない   21
 
        第3章 乳がんの細胞や組織の検査(病理検査)  22
               病理検査は治療方針を決めるために大変重要      22
               病理検査は乳がんかどうかの診断に不可欠        23
               病理検査の結果はいつわかるか   24
               乳がんが疑われたらまず細胞診   24
               細胞診の結果の見かた   25
               組織診は確定診断になる 27
               組織診と画像検査を併せて治療方針を決める      28
               組織診の結果はいつわかる?     28
               組織診の種類(針生検と外科的生検)と方法      28
               病理検査(細胞診や組織診など)の結果の見かた  31
               病理検査の見かた① 非浸潤性乳癌か浸潤性乳癌か        32
               病理検査の見かた② 乳がんの組織分類  33
               病理検査の見かた③ グレード   37
               病理検査の見かた④ ホルモン受容体(ホルモンレセプター)
               病理検査の見かた⑤ HER2   39
               病理検査の見かた⑥ 脈管浸潤   40
 
        4章 画像検査      41
               マンモグラフィー       41
               超音波検査     42
               CT    43
               MRI  44
               <コラム>乳房専用のコイルを使ったMRIですか?  45
               画像診断の結果、乳がんの進行程度(ステージ)が決まる  46
               ステージとグレードは違う!     49
               ステージ(病期)別のおもな治療法      50
 
        5章 良い医師、良い病院を選ぼう    53
               医師の資質について情報を集める 53
               相性のいい医師を選ぶ   54
               がん専門のスタッフがいる病院が理想的  56
               本当のブレストセンターなのか見極める  57
               乳がんの化学療法に経験豊富な医師か    59
               複数の専門家チームによる症例検討      59
               <コラム>腫瘍内科医、日本の現状 60
               がんの診断に経験豊富な病理医がいるか  61
               病院によっては術中迅速病理診断が行われる      62
               各地域にがん診療連携拠点病院がある    63
               病院は通院しやすいか   63
               マンモグラフィー専門家が診断しているか        64
               乳がん手術の経験豊富な外科施設を選ぶ  66
               家族のリスクを診断する専門家がいるか  66
               <コラム>臨床試験、受ける? 受けない?        67
               入院と外来の治療が継続しているか      68
               緊急の場合はどうすればいいか   69
               相談しやすいスタッフを見つける 69
               教育プログラムや講習会を継続してくれるか      70
               家族も乳がん教育を受けられるのが理想  70
               サバイバーボランティアはいるか        71
               正しい病理診断レベルかを評価する機関もある    72
               
        6章 セカンドオピニオン     73
               決して特別なことではない       73
               どんなときにセカンドオピニオンを検討すべきか  75
                セカンドオピニオンの費用       75
               セカンドオピニオンの手続き     76
 
        7章 周囲の人への告知       80
               わたしが乳がんだと診断されたとき      80
               誰に知らせたほうがいいか       81
               子どもに知らせること   82
               両親と姉妹に知らせること       83
               パートナーに知らせる   85
               同僚や友人にはどこまでどのように知らせるか    86
               とくに助けてくれる友人に知らせる      88

第 II 部に進む

TOP Page に戻る

ご興味があればぜひ購入してくださいね


フッターイメージ